お役立ち

サラリーマンのリスクについて考えてみた

こんにちはrenです。

サラリーマンはお気楽だ。

みたいな時代はとうの昔に過ぎたと言われながらも、いまだに多くの人たちはサラリーマンとして働く世の中です。

そんな中、僕は本当にサラリーマンをやっていることに対して情熱を傾けることができなくなりつつあります。

その理由はサラリーマンのリスクです。

よくサラリーマンは安定している。
とか
サラリーマンでいることが、最も社会的信用が高いとか。
言われていますが、本当にそうでしょうか?

この論理がまかり通る社会では、反対意見はなかなか浸透しないでしょう。

また、この論理はある意味正しいとも言えるのですが、この論調を崩すような社会も仕組みもないためにサラリーマンを積極的に辞めようという人にもなかなかお目にかかりません。

サラリーマンのメリットと裏にひそむ最大のリスク

サラリーマンのメリットについて語りつくされていますので、細かくは語りませんが、やはり安定していることでしょうね。

毎月決まった額の給与が決まった日に貰えるわけです。
また、ローンを組む場合にも有利です。

ただし、この安定は条件付です。

毎日、決まった時間と曜日に必ず出勤するこが最低限の条件です。

と会社と契約しているわけです。

この条件を守れなかった場合には、給与か賞与が減るよ。とか評価が下がるよ。
完全に来れなくなったら、クビにするよ。
と言われるわけです。

え?そんなことあるわけない?
ちゃんと会社に行けばいいんでしょ?

とか思いましたか?

でも、人生は何が起こるかわかりません。

うつに倒れて、会社に行けなくなるかもしれないし、親の介護が必要になるかもしれません。交通事故にあうかもしれません。

はたまた、経営難に陥り、リストラされるとか会社が倒産するかもしれません。

なので、そういったリスクに対しては全く安定感はないわけです。

無論、自営業に比べたらまだマシかもしれませんが。

そういう意味では、自分の時間を売ることでお金を得ているわけですね。

つまり働き続けなくてはいけないことがサラリーマンの最大のリスクです。

これはどんな業種、職種であろうとサラリーマンである以上は変わりありません。

サラリーマンを辞めても稼ぐには

サラリーマンを辞めるには幾つか方法があります。

ネットビジネスで成功する。
アフィリエイト、Youtuberなどになることで半自動で稼ぐ仕組みを構築する。

投資で生活する。
不動産投資や株、FX、先物など

起業する。
起業して半自動で働かなくても儲かる仕組みを構築する。

(逆)玉の輿にのる
結婚がまだで、結婚相手が大金持ちであれば、働かなくても済むかもしれません。

お金持ちにお金を貰う
知り合いにそういう人がいればいけるかもしれません。

宝くじを当てる。
狙えるものではありませんが、当たれば間違いなく食うには困らないでしょう。
(使い方次第では)

今、思いつくとこではこんなところですが、下にいくほど現実からは遠ざかります。
それこそ一攫千金を狙うトレジャーハンターのようですね。

そんなわけで、サラリーマンを辞めて儲けるにもかなりのリスクがあるわけです。
だからみんな辞めないで頑張っているわけですね。

なにせ条件付とはいえ、安定が約束されているわけですから。

あなたはどちらを選びますか?

でも、サラリーマンを続けるリスクと続けないためのリスク。
どっちが本当のリスクでしょうか?

サラリーマンは出来上がった組織の中でしか働けない存在です。

そこまま歳を重ね、リストラにあったら残っているのは、単純作業や警備員など比較的リスキーな仕事です。

職が見つかればまだいいですが、見つからなければ、待っているのは生活保護です。

そうやって考えると、多少のリスクを取っても、自分で稼げる方法を身につけるべく動いた方が良いと思うのです。

さぁ、あなたはどっちを選択しますか?